結婚祝いの金額と贈ってはいけないお金

結婚祝いで贈ってはいけない数字に“2”で割り切れる偶数があります。

偶数がいけないのなら20,001円とか30,005円ならOKと思いそうですが、そうではなく

先頭の数字が”4″、”6″、”8″になる場合です。

偶数を贈らない方が良い理由

割り切れる数字が良くないとされるのは、結婚の場合「離れる」「別れる」「切れる」を意味するためです。また、これらの数字は結婚だけでなく、お祝いには向かない数字とされています。

奇数でも例外がある

昔から縁起が悪い数字に4(死を連想させる)、9(苦を連想させる)があります。
従って、奇数でも9は、お祝いの金額には用いません。

偶数でも例外がある

偶数の2は割り切れるから使わない方が良いと思われがちですが、結婚の2は、「夫婦」や「一対」という意味があるので、使わない方が良い数字ではありません。
特に、社会人になりたて、年齢が若いなどの場合は、結婚祝いに2万円を包んでも失礼にはならないので覚えておきましょう。

お祝い金の相場

兄弟姉妹 10万円
伯父叔母(叔父叔母) 5万円
従兄弟(従姉妹) 3万円
そのほかの親戚 3万円
仕事先の同僚 3万円
仕事先の部下 3万円
友人など 3万円

(社団法人全日本冠婚葬祭互助会2002年資料より)
夫婦で出席する場合は「×2」になります。