結婚式・披露宴での服装とパールネックレス

結婚式や披露宴に招待されたら、「和装で行くか洋装にするか。」「どんな色のドレスを着るか。」「アクセサリーは?」など、お洒落のことが気になります。

比較的ハードルが低い結婚式のフォーマルスタイルですが、「これはしない方が良い。」と言うものもあります。
失礼にあたらないように気をつけましょう。

洋装の白はNG。白に近い色もなるべく避ける

ウェディングドレスと言えば、白。その為、招待客が白のスーツやワンピースを着るのはNGとされています。
これは、結婚式の主役(新郎新婦)を引き立たせるのがマナーだからです。
ただし、白がNGなのは、洋装のみで、和装の場合は該当しません。白無垢、白喪服は白無地で着物の中では一番格が高く、それ以外の白の着物には柄が入っている為、花嫁が着る白無垢より下だからです。

結婚式の時間帯(昼間・夜)によってダメな服装がある

スパンコールが入ったドレス、キラキラ光るアクセサリーは夜向きです。
昼間の結婚式では、輝きのある服装はマナー違反とされている為、シンプルでフォーマルなものを選びましょう。

胸元がオープン、膝が見えるはNG。肌の露出は控えめに

結婚式にワンピースを選ぶ女性も多いと思いますが、選ぶ時は膝丈、胸元をしっかり確認しておきましょう。
どの年代でも、膝上のスカートはNGです。また、胸元が大きく露出したものも好ましくありません。

結婚式でのパールネックレス

お葬式で多く見かけることから、白の一連パールネックレスをお葬式用だと勘違いされている人も多いようです。
一連パールネックレスは、「お葬式に使うなら一連までは許されている。」です。従って、それ以外のフォーマルな場面では、一連でも多連でもマナー違反にはなりません。
また、黒真珠は本来、弔事用ではなく、お洒落用です。しかし、最近では黒真珠=弔事用として売られていることが多く、お葬式のイメージを持つ方が増えています。
本来のマナーを知った上で、誤解を避ける為身に着けるのはやめておいた方が良いかもしれません。

暑い季節でもサンダルや生足はNG

6月~8月に結婚式がある場合は、開放的に生足にサンダルで!と思いつきそうですが、フォーマルスタイルの基本はストッキング着用です。その為、生足は厳禁です。
また、サンダルはカジュアル向きの靴であり、フォーマル用ではないことを覚えておきましょう。

季節を問わずブーツはNG

最近では、お洒落の一部としてブーツを履く傾向にあることから、ブーツ=お洒落を楽しむアイテムと思ってしまいそうですが、ブーツは元々、防寒や作業をする時に履いた靴です。結婚式などのフォーマルな場所では相応しくありません。

正装の足元は、パンプスが正式です。
結婚式が寒い季節にある場合などは、道中はブーツ、式場内に入る前にパンプスに履きかえるなどして対応しましょう。

どんな服装をするにせよ、結婚式は色んな年代の人が集まる場所です。
若者の間では普通で通っていることも、年配の人には非常識と取られることがあることを覚えておきましょう。
また、相応しくない格好をしていた場合、「若いから知らないのね。」ではなく「常識を知らない子ね。」と新郎新婦が恥をかく可能性があることも認識しておきましょう。