水引の結び方の種類など-結婚式の祝儀袋の選び方

結婚祝いを贈る時に選ぶ水引の結び方は大きく分けると「結びきり」と「蝶結び」の2種類があります。

結びきり

結びきりは文字通り、解けない結び方になっていて、結婚式や弔事など繰り返したくない出来事に用います。

結びきりの種類

  • 日の出結び(輪結び)):水引が輪になっているもの。
  • 老の波:結びきりの先が波立った形をしている。
  • あわじ(あわび)結び:祝儀の鮑のしを模したことから関西方面では鮑結びと呼ばれる。

結婚祝いの祝儀袋の色

水引は金銀や赤白を選びます。
金額が多くなるにつれて派手な水引を選ぶと豪華になります。
最近では、ピンクやブルー、紫などのカラフルな結婚祝い用の祝儀袋が市販されていますが、これは略式です。親しい間柄にだけ留めておきましょう。
表書きには「御祝い」「寿」と書かれたものを使いますが、ワイングラス料など、本来は差し上げたいお祝い品を記します。
水引の下の名前はフルネームで書きます。

蝶結び

何度あっても嬉しい、結婚祝い以外の一般的な慶事に用います。
仲人へのお礼、世話になった人への心づけに蝶結びの祝儀袋を使います。