お通夜・お葬式の服装とパールネックレス

お葬式はブラックフォーマルが基本です。
かつては「不幸は急なことなので普段着でも構わない。」という習慣がありましたが、大人なら、ブラックフォーマルを持っているのが当たり前とされていることから、通夜でもお葬式でもこれらを着るのが一般的です。

女性のブラックフォーマル

スーツ、アンサンブル、ワンピースなど黒の洋服を着ます。

新しく買う場合は、黒の洋服を買うのではなく上下セットで揃えるようにしましょう。
上下セットで揃える理由は、黒は並べた時に違いがはっきりと分かる色だからです。ジャケットとスカートなどを別々に購入すると、同じ黒でも質感が異なるのがハッキリわかります。
(夏に急ぎで黒の半袖または五分袖のワンピースを購入し、「ジャケットは必要な時で良いか。」という選択肢をしてしまうと、合わせて着ることが難しくなります。)

  • スカートは膝頭が隠れる長さ。
  • 袖は、長袖。夏は、半袖か五分袖で、ノースリーブはマナー違反です。
  • ※ブラックフォーマルで選ぶようにすると、マナー違反のデザインのものを買う心配はありません。

    靴・バッグ・アクセサリーなど

    足元は、黒のストッキング。靴は黒のパンプス、バッグは黒が基本です。どちらも光沢の無い物を選びます。サンダルやミュール、ブーツはマナー違反になります。

    アクセサリーは、結婚指輪のみが基本ですが、白の一連パールネックレスのみ着用することができます。
    それ以外のアクセサリーは外します。

    パールネックレスについて

    パールネックレスは、一連だけが許されていて、二連は、不幸が二度起こるという意味に捉えられる為論外です。しかし、基本的には、パールネックレスをしていなくても失礼にはあたりません。

    黒真珠がいつの頃からか弔事用として定義されるようになり、喪服に合わせやすい色ということから、お葬式用のアクセサリーだと思っている人も多いようですが、本来、黒真珠は装飾品という意味合いの高いアクセサリーです。
    お葬式は着飾っていくところではありませんので、お葬式に黒真珠を着用することはマナー違反となります。