お葬式での挨拶や言葉遣い

お葬式は、仏教、神道、キリスト教など宗教によって考え方が異なります。
その為、仏教では当たり前の言葉遣いが、キリスト教では相応しくないと言う場合があります。

お通夜やお葬式でペチャクチャおしゃべりをする人はいないと思いますが、お葬式にふさわしい言葉遣いを知っておきましょう。

宗教別、お葬式の考え方

仏教

死者を極楽浄土へ送ることが葬儀の目的です。

神道

死者の霊を家にとどめて、先祖の霊と共に祀る為に行われます。神道では、葬儀全般の儀式を神葬祭と言います。神道では死体を不浄なものとみる為、神社での葬儀は行えず、神官を自宅か斎場に迎えて行います。

キリスト教

死は全ての終わりではなく、神の御許に召されることであり、永遠の命を生きることへの始まりです。
その為、葬儀は死者の為ではなく、残された人の為にあると捉えられ、聖歌が歌われ、祈りが捧げられ、死者の追悼と残された者を慰め、励まし力づける説教が行われます。

お葬式での挨拶

「この度は御愁傷様です。」
「お悔やみ申し上げます。」
「安らかなお眠りをお祈り申し上げます。」

上記に対する返事

「恐れ入ります。」
「ありがとうございます。」

仏教だけで使う言葉

「御冥福をお祈ります。」

キリスト教で使わない言葉

「哀悼の意を表します。」
「お悔み申し上げます。」
「御愁傷様です。」

このように宗教によって、相応しくない言葉がある為、「この度は大変でしたね。」「お寂しくなりますね。」「お悲しみをお察し申し上げます。」といった相手の気持ちに寄り添う言葉を使う場合もあります。